HOME  > 診療案内

診療案内

当院は、骨・関節・靱帯・末梢神経など「運動器」の疾患・外傷を診療する、整形外科専門医療機関です。
院長の専門分野は、関節リウマチに代表される関節疾患です。
地域の一次医療機関として外来診療をおこない、入院・手術まではやっておりませんが、リハビリにおいては理学療法師を配置し、運動器リハビリテーションを積極的におこなっております。また、リウマチ診療においては、可能な限り生物学的製剤による治療をおこなっております。
予約診療ではありませんので、お困りの時に、いつでもお気軽に受診してください。
もちろん受付時間や休診日に注意してください。
受付時間:8:30~12:00 13:30~17:30
休診日:木曜午後、土曜午後、日祝、年末年始、夏季休業日
初診の方は、健康保険証をご持参ください。
交通事故(自動車賠償責任保険診療:略して自賠責)、就業中の怪我(労働災害保険診療:略して労災)にも対応しております。
受付においてご相談ください。
介護保険による通所リハビリテーションを当院3階でおこなっております。
足腰が不安になってきたご高齢の方々・そのご家族の皆様は、是非一度ご相談ください。
短時間(約2時間)の通所リハビリにも対応しております。
また、生活習慣病の予防、フォローアップを目的として、運動型疾病予防施設「メディフィット・スントー」も併設しております。好きな時に、ある程度自由に、運動だけしたい方は、こちらの方のご利用をご検討ください。

整形外科

01骨、関節、靭帯、抹消神経、筋肉などの運動器に関わる疾患や外傷を診断・治療します。
主な疾患
腰部脊柱管狭窄症腰椎椎間板ヘルニア
膝のスポーツ外傷変形性関節症関節リウマチ
細菌性関節炎、石灰沈着関節炎、痛風性関節炎
その他関節炎、変形性脊椎症、脊柱管狭窄症
椎間板ヘルニア、脊椎分離症、骨粗鬆症、腰痛症
側彎症、肩関節周囲炎、肩板断裂、習慣性脱臼
関節拘縮症、野球肩、テニス肘、上腕骨外(内)か炎
手根管症候群、肘部管症候群、足根管症候群、弾ね指
ヘバーデン結節、胸郭出口症候群、臼蓋形成不全症
先天性股関節脱臼、膝半月板損傷、膝靱帯損傷
膝蓋大腿関節障害、骨折、脱臼、捻挫、打撲傷、擦過傷、切創、外反母し、偏平足障害、足底腱膜炎
外けい骨障害、交通外傷、頸椎捻挫、腰椎捻挫
スポーツ外傷・障害 など

リウマチ科

関節リウマチその他の関節痛を伴う病気を診断/治療する診療科です。関節リウマチ・変形性関節症など

主な疾患
関節リウマチ、関節炎、変形性関節症、その他膠原病に由来する関節炎 など

リハビリテーション科

01失われた機能の回復をうながし、残された能力を最大限に引きのばす診療科です。
主な疾患
関節拘縮、片麻痺、廃用症候群
ロコモティブシンドローム、整形外科手術後 など

疾患について

関節リウマチについて

sample手、足などの関節が痛み、腫れてくる病気です。今のところ原因不明です。医師が詳細に問診をおこない、触診、レントゲン検査、血液検査により診断を付けます。最近は初期から強力な治療をおこなった方が、骨破壊が軽く済むことが分かり、早いうちから生物学的製剤による治療を開始することを心がけております。

変形性関節症について

sample加齢性変化、その他の原因で軟骨がすり減り、炎症をきたす病気です。内服薬や外用剤で炎症を抑えつつ、運動器リハビリテーションにより関節可動域や筋力を改善するよう心がけます。

腰部脊柱管狭窄症について

sample腰痛・臀部痛に続いて下肢がしびれてくる病気です。症状の出方は色々ですが、「歩いていてしばらくすると足がしびれてくる。立ち止まって休憩すると歩けるようになる」(間欠性跛行)が特徴です。腰痛体操により骨盤後傾を補正すると改善することが多いです。

腰椎椎間板ヘルニアについて

sample急性に発症する、腰痛と坐骨神経痛が特徴です。まずは痛みを取る治療をおこない、コルセットにより局所安静を心がけます。慢性期になったら、腰痛体操、日常生活動作を指導します。

膝のスポーツ外傷について

sampleスポーツ活動により膝を痛めた場合、半月板損傷、前・後十字靱帯損傷、側副靱帯損傷、膝蓋大腿関節障害、軟骨損傷などを念頭に置きながら診断を進め、個々に適切な治療方針を組み立てます。
その他、色々な病気、外傷があります。
あれこれ自己判断をせずに、一度は整形外科・リウマチ科専門医の診断を受けるようお願いします。